イメージ画像

PL事故とは何か

PL保険に加入すると「PL事故が起こった場合の、経済的な損失」を補償してもらうことができます。

「PL事故とは何か?」を知っていなければ、必要もないのにPL保険に加入してしまったり、逆に必要なのにPL保険に加入しなかったりする、というトラブルが起こってしまうでしょう。

PL事故とは、貴社が「製造または販売した製品」や「行った仕事の結果」が原因となって、他人の生命を奪う、身体に傷害を負わせる、他人の財物を破壊してしまう、などの事故のことを言います。

PL法(製造物責任法)では、「製造物」のことを「製造または加工された動産」と定義しています。

この法律上の「製造物」には、不動産の取引、電気等の無形エネルギー、ソフトウエアや運送等のサービスは含まれないこととなっています。

そのため、これらの事業を行っている業者は、PL保険に加入する必要はありません。

しかし、これらの事業でも、民法上の「不法行為」に該当する場合には、民法上の損害賠償責任を負うことが考えられますので、別に補償を得ておく必要があるでしょう。

PL事故は「いったん事故が起こると、損害賠償金がばく大なものになる」「リコールなどの必要があるかもしれない」「食品業界の場合、操業・営業の停止を命じられる可能性がある」という特徴があり、PL保険に加入しておく必要が高いのです。

貴社の業務内容を保険会社の担当者・代理店に正確に伝えることが、PL保険の必要性を含めて、必要な補償を得るために大切なことです。

« 海外PL保険の必要性 | ホーム | 貴社にPL保険は必要か? »

このページの先頭へ