イメージ画像

化粧品とPL事故例

化粧品にまつわるPL事故というのは、化粧品の品質そのものの問題だけに限らず、成分表示の問題が起こる場合や、容器の品質が原因で破裂などのトラブルが起こる場合など、様々なケースが考えられます。

また、化粧品は直接肌につけるものですので、いったんトラブルが起こると、被害者の苦痛は長引きますし、損害賠償金額も多額に上ります。

最近では、「美白効果がある」とされていた化粧品を使うと、肌がまだら状に白くなってしまうという問題が報道されたことがありますね。

化粧品というのは、PL事故が一度起こると、その製品全部をリコールしなければならない場合もありますので、PL事故とリコールの両方へ対応しなければならないことも多いです。

製品の使用中止・注意喚起を広告するためには、非常に費用がかかります。

これらの事態に備えるために、PL保険やリコール保険に加入しておく必要性が高いのが化粧品業界と言えます。

また、このような訴訟に強い弁護士との関係を作っておくことができるのが理想ですが、保険会社によっては、このような訴訟に強い弁護士を担当として、裁判を闘ってくれる場合もあります。

日本では化粧品を発売するために、薬事法などの基準をクリアしなければならないため、実際に発売される化粧品は一定以上の品質を保っていると言えます。

逆に言えば、商品の競争が非常に厳しい分野であり、トラブルの起こった商品は敬遠されてしまいます。

PL事故がいったん起こった際には、できるだけ迅速に対応し、企業イメージの低下を防ぐことが必要でしょう。

そのためにも、PL保険に加入して万全の態勢を整えておきましょう。

« PL保険の事故例 | ホーム | 家電とPL事故例 »

このページの先頭へ