イメージ画像

家電とPL事故例

家電製品が発売されるまでには、企画・設計・製造・パッケージに詰める、などの様々な過程を経ている分だけ、PL事故が起こる可能性をゼロにするのは難しくなります。

というのは、設計ミスが起こる場合もありますし、たくさんの人の手を経て製品ができ上がる以上は、製造工程での作業員によるミスなどが、起こる可能性はとても高くなるのです。

また、開発者側の想定していないような使い方を、利用者がしてしまう場合などに、被害が発生することもあります。

家電製品の中でも「人の体の近くで使う家電製品が起こすPL事故」と「人体から離れた位置で使う家電製品がもとで起こるPL事故」とを比べると、前者のほうが事故による被害が深刻になってしまう可能性が高いです。

そこで、PL保険の保険料率は、前者のほうが高く設定されるという傾向があります。

最近の家電販売店では、1種類の製品・商品を扱うだけではなく、取り扱う製品が多岐にわたっているケースの方が多いです。

そのため、保険料率の決まり方は「事業ごとの売上高に応じて保険料率を加重平均したもの」が適用されるということになります。

家電製品が原因で火災が起こった場合や、人体に傷害を与えてしまった場合には、損害賠償金額が多額に上ってしまうことがあります。

PL保険に加入して、迅速で誠意ある対応を見せることで、たとえば訴訟沙汰にまで発展せずに済むという場合もあります。

早めにPL保険に加入して、万全の補償を得ておくようにしましょう。

« 化粧品とPL事故例 | ホーム | 建設業とPL事故例 »

このページの先頭へ