イメージ画像

PL保険の比較

PL保険だけではなく、どのような保険でも、複数の会社の商品を比較して、できるだけ有利な保険を選ぶことが大切です。

しかし「有利な保険とは何か?」を考えたことがあるでしょうか?

いくら保険料が安くても、万が一の事故のときに必要な補償を得られないということになれば、保険に加入する意味がありません

一方で、同じ補償が得られる保険の中でも、保険料が高いもの、安いものがあった場合には、安い保険に加入するほうが有利です。

どのPL保険が有利かを判断するためには、「貴社にとって必要な補償は何か?」をまず洗い出すこと、そして「必要な補償が得られるPL保険の中から、もっとも保険料を抑えられるものを選ぶ」という流れが必要です。

もしも、既に加入している他の保険があるなら、「他の保険と比較した結果、このままの契約内容で続けていくのが有利だ」という結論になるかもしれません。

また、既存の契約に特約を付ける、同じ保険会社の他の商品も契約するといった方法で、あるかもしれません。

既に得られている補償内容を検討して、重複が無いようにする必要もあります。

PL保険の中にも、金銭的な補償を中心とするタイプや、事故時の対応(弁護士の手配、訴訟対応など)を手厚く行うタイプがあります。

ここでも、「まずは貴社にとって必要な補償は何か?」を明らかにしておかなければ、どのPL保険が必要かもわかりません。

手間暇は掛かっても、まず貴社の業務内容や取引先との関係、貴社製品・商品がどのように流通しているのか、ということをチェックするようにしましょう。

« PL保険のメリット | ホーム | PL保険の免責事項とは? »

このページの先頭へ