イメージ画像

建設業とPL事故例

建設業界におけるPL事故例としては、

●アンテナや看板などを取り付けた際、その取り付け方に不備があったことが原因で、工事完了後にアンテナや看板などが落下して、通行人などに怪我をさせた

●電気設備の工事を行った後に、その工事にミスがあったことが原因で、漏電・火災などが起こってしまった などの事故が考えられます。

建設業界でのPL事故は、他人の身体や財物に何らかの損害を与えると、その被害の程度が非常に大きくなり、その分だけ損害賠償金額が巨額になる傾向があります。

このような事態には、迅速に、誠意をもって対応できるかどうかが、被害者の方の心証を左右します。

ただ、建設業界では「経営者自らが現場で作業の指揮を執っている」といったケースも多く、PL事故への対応に追われていると本業の流れが滞ってしまうということも考えられます。

そのため、PL保険へ加入して、被害者の方への迅速・丁寧な対応ができるようにしたいものです。

なお、建設業界で損害賠償金が発生するのは、PL事故だけではなく、資材置き場での資材の崩れ、建設中にクレーン等が倒れる、といった様々な事故が考えられます。

いずれの事故も、被害が重大で深刻なものになる可能性をはらんでいますので、PL保険だけではなく、請負業者賠償責任保険、施設所有者賠償責任保険、施設環境汚染賠償責任保険、労災保険などにも活用していく必要があります。

保険会社の担当者、保険代理店とよく相談して、納得できる保険契約を結びましょう。

PP_shinnyuukinnshiame500.jpg

« 家電とPL事故例 | ホーム | 食品業とPL事故例 »

このページの先頭へ