イメージ画像

食品業とPL事故例

食品業界はPL保険への加入率が高いことで知られ、それだけPL事故を深刻に受け止めている業界と言えるでしょう。

たとえば、食品に細菌が付着することなどで起こる食中毒、製造過程で起こる異物混入、容器の性質に問題があって起こる破裂などの事故が考えられます。

N784_bejitarianryouri500.jpg

また、製品の製造・販売者の意図とは違う食べ方・使い方を消費者の側が行ってしまい、結果的に事故につながった場合でも、「そのような食べ方・使い方を禁止していなかったからだ」とPL訴訟を起こされるというケースもあります。

食品業界のPL事故で注意したいのは、「一つの製品・商品に細菌や異物の混入が認められた場合は、同じ生産ラインで製造した食品の全てを、回収しなければならない可能性がある」ということです。

この場合、お詫び・注意喚起の広告掲載などの費用がかかります。

食中毒が起こった場合には、操業の停止を命ぜられることもあります。

このため、PL保険だけではなく、リコール保険、食中毒に備える保険にも加入する必要があるかもしれません。

もしも、保険に加入せずに営業を続けているという場合、非常にリスクが高いので、何とかしてPL保険に加入してください。

商工会議所が運営する「中小企業PL保険制度」や、「食品産業センター」が運営する「食品産業PL共済」を利用すると、民間のPL保険に比べて、保険料を抑えることが可能です。

貴社にとって必要かつ十分な補償内容を得るために、貴社の事業内容を保険会社の担当者、代理店などにきちんと伝えましょう。

« 建設業とPL事故例 | ホーム | 製造業とPL事故例 »

このページの先頭へ