イメージ画像

製造業とPL事故例

PL保険とは、製造物責任法(PL法)上の賠償責任を貴社が負担することで、被る損失をカバーしてくれる保険です。

貴社が製造した製品に欠陥があったことが原因で、他人の身体に傷害を負わせる・死亡させる、あるいは第三者の財物を損壊してしまうという事故が起こった場合、貴社は損害賠償責任を負うことになります。

実は、日本の製造業の中では、PL保険に関心・加入率が高い業界とそうでない業界が、くっきりと分かれています。

食品製造業は、食中毒などの事故が一度あると、PL事故への対応・リコールなどの対応が要求されますので、損害額が大きくなってしまいます。

また、建設業の場合でも工事のミスなどがあると、他人に与えてしまう損害が大きなものになることがあり、負担すべき損害賠償金額が膨れ上がってしまうことがあるのです。

しかし、その他の業種では製造業といえども、加入率が低いのが現状です。

特に中小企業の経営が厳しい昨今は、保険料の支払いが負担と感じられて、ついつい加入を先延ばしにしているというケースもあるようです。

ただ、考えて頂きたいのは「保険料の支払いが負担」という経営状態であるなら、PL事故が起こった時にしっかりと対応できるのか、という点です。

損害賠償金額が数千万円~数億円にのぼってしまうこともあり、無保険での営業を続けていると、そのすべてを貴社が負担することになり、企業としての存続が危ぶまれることにもなります。

早めにPL保険に加入して、事故への備えを万全にしておくべきですね。

« 食品業とPL事故例 | ホーム | 販売業とPL保険 »

このページの先頭へ