イメージ画像

販売業とPL保険

PL事故が起こった場合、その製品を販売した販売業(小売業、卸業)の方も、「共同不法行為者」としての責任を問われることになります。

たとえば、製品に関する説明が不足していたのではないか、製品管理に何らかのミスがあったのではないか、ということです。

PL保険に加入していると「製造・販売または取り扱った生産物に起因して被保険者の占有を離れた後に発生した偶然な事故」が原因で、他人の身体に傷害を負わせたり、死亡させたり、他人の財物を損壊したりして、PL法上の賠償責任を負った場合に、そのことによって生じる損失を保険でカバーしてもらえることになります。

ただ、食品販売業、家電製品販売業など、危機意識が高い業種以外でのPL保険の加入率は低めという現状があります。

PL保険に加入して補償を得ようとすると、保険料の支払いをしなければなりません。

中小企業経営者や、個人事業主の方など、「保険料の支払いが負担だ」と感じられるのかもしれませんが、そのような状況でもしPL事故が起こった場合に、損害賠償金などをすぐに用意できるでしょうか?

また、弁護士を依頼する必要も出てきますが、PL訴訟に強い弁護士とのパイプはありますか?

PL事故が起こった場合には「なるべく早く、誠意をもって対応すること」が求められます。

このときの対応が遅れると、貴社のイメージダウンにつながってしまいます。

PL保険に加入しておくことで、対応を保険会社に任せることもできるようになり、経営者の方は本業に専念できることにもなりますので、早めに加入しておきたいですね。

« 製造業とPL事故例 | ホーム | 輸出業とPL保険 »

このページの先頭へ