イメージ画像

輸出業とPL保険

輸出業の方には、海外のPL訴訟について知っておいていただきたいです。

海外、特にアメリカでのPL訴訟は、損害額がばく大となることで知られています。

また、現地の法律で裁判が行われること、現地の言葉で裁判が進められることも、日本の企業にとって不利になります。

そこで、海外PL保険に加入しておく必要性が高いのです。

海外PL保険に加入しておくことで、事故後の対応などを保険会社と共に進めることができ、現地の法律に精通している法律家や通訳などを手配してもらうこともできるようになります。

ただし、海外PL保険は商品ごとに「どの地域への輸出に対応しているか」が異なります。

貴社が「現在、どの国に向けて輸出しているのか?」「将来、どのような国に輸出をすることを考えているか?」をもとに、その地域に対応しているPL保険を選ぶということも、必要になってきます。

先にも書いたように、海外でのPL訴訟が起こされた場合は、損害賠償金額が多額に上ることがありますので、無保険での経営を続けることだけは避けて、必ず保険に加入するようにしましょう。

また、貴社が直接、輸出事業を行っていない場合でも、貴社の取引先が貴社製品を輸出しているといった場合には、海外PL保険に加入しておくことが必要かもしれません。

海外PL保険が必要かどうかを見極めるためにも、貴社の事業内容、取引先との取引内容などを洗い出し、保険会社の担当者、保険代理店などに正確に伝えるようにしましょう。

« 販売業とPL保険 | ホーム | PL保険で得られる補償 »

このページの先頭へ