イメージ画像

ネットショップとPL保険

インターネットの発達に伴い、個人事業主がネットショップを開いて販路を拡大することができるようになりました。

また、趣味で製作したものを、ご自身のペースで販売するためにネットショップを立ち上げるというケースもあるでしょう。

ネットショップにはPL保険が必要でしょうか?

答えとしては「何を販売するのかによる」というものになり、ネットショップか実店舗かということはあまり関係がないと言えます。

たとえば「友人や知人に頼まれたときだけ、手作りの服やバッグを作って、材料費・手間賃などを受け取る」という場合ならば、「事業を行っている」とまでは言えませんので、PL法上の責任を問われることは、考えにくいかもしれません。

ただ、不特定多数の方が閲覧できるネットショップを立ち上げている時点で、「販売」が目的と思われても仕方ありませんので、PL法上の責任を問われた場合に備えておくべきでしょう。

もちろん、既に店舗を構えて事業を行っているという方は、PL保険に加入しているかもしれませんね。

その場合は、保険会社に「ネットショップも立ち上げることになった」という点を、相談しておくことが大切でしょう。

ネットショップの売り上げが多くなく、保険料があまり負担できないという場合には商工会議所の運営する「中小企業PL保険制度」を利用するのも一案です。

商工会議所に加入すると、他の事業者の方と触れ合う機会や、様々なセミナーなどを受ける機会も増えますので、PL保険以外にもメリットがあると言えるでしょう。

« PL保険と業種 | ホーム | 早めの加入で補償を得る »

このページの先頭へ