イメージ画像

中小企業にPL保険は必要か?

中小企業経営者の方は「資金繰りを悪化させないように」と悩むことも多いでしょう。

PL保険を始め、様々な保険に加入すると「保険料の支払い」が必要となりますので、そこまでして補償を得ておくべきなのか、を迷うかもしれませんね。

考えて頂きたいのは、「保険料の支払い」を「負担」と感じるような状況で、もしPL事故が起こった場合、損害賠償金や弁護士費用などをすぐに用意することができるか、という点です。

PL事故が起こりやすい業界、そうでない業界というのは存在しますが、「まったく起こらない業界」というのは、「PL法の対象にならない業界」を除いてはあり得ません。

たとえば不動産業やソフトウェア制作会社などは、「PL法上の製造物等」に含まれませんので、PL保険加入についてはよく考えることが大事です。

しかしPL事故には該当しなくても、民法上の損害賠償責任を負担しなければならないことはありますので注意してください。

このように、「PL事故が起こった場合に、すぐ損害賠償金などにあてる資金を確保できるのか?」を考えて、PL保険の加入を検討すると良いでしょう。

そのためには、貴社の業務内容を把握し、それがPL法の対象となるものなのかどうか、チェックする必要が出てきます。

現に、食品業界ではPL事故が起こりやすいため、保険への加入率も高いと言われています。

しかし、食品業界にも「野菜や魚を加工せずに売る」という形態から、「缶詰などの加工食品を販売する」といった形態まで様々なものがあり、PL保険の必要性も一概には言えないのです。

N612_kozakanatocyoumiryou500.jpg

« 中小企業PL保険制度の活用 | ホーム | 納得できる契約を結ぶために »

このページの先頭へ