イメージ画像

PL保険加入証明書

「PL保険に加入している」という事実を、PRすることは禁じられています。

「保険に加入しているなら」と、PL訴訟が多数引き起こされるといった事態を防ぐためです。

しかし、取引先などから「PL保険に加入している」という証明書、「PL保険加入証明書」「付保証明書」などを提出することを、求められることがあります。

これらの書類を発行してもらうことは、加入している保険会社に依頼する必要がありますが、実際に依頼してから発行されるまでには時間がかかります。

また、取引開始にあたって「PL保険の補償が受けられること」が必要であるならば、PL保険加入の日付・免責期間などにも注意を払わなければなりません。

新たな取引先との契約をする時点で、余計な問題を引き起こしたくなければ、早めにPL保険に加入しておくこと、事前に「PL保険加入証明書」を発行してもらう手続きを知っておくことが必要でしょう。

また、先にも書きましたように、PL保険に加入しているという事実を広く一般にPRしてしまうと、保険会社との契約上の問題が生じるかもしれませんので、注意しましょう。

なお、最近ではPL保険だけではなく、労災保険などの加入についても、新規の取引先から問われることがあります(建設業界など)。

逆に言えば、PL保険や労災保険、建設工事保険などに加入していることで、取引先に対する印象を良くすることができて、契約を有利に進めることができるかもしれません。

早めの保険加入を心がけましょう。

« PL事故が起きた場合 | ホーム | PL保険はなぜ必要か »

このページの先頭へ