イメージ画像

PL保険が必要な業種は?

PL保険は、製造業、輸入販売業、飲食業、土木・建設業などあらゆる業種で必要な保険と言えます。

ただし、ソフトウエア制作、不動産業、旅行代理店業などのサービスは、そもそもPL法の対象ではありませんので、PL法上の責任を問われることはありませんので、PL保険は必要ないかもしれません。

しかし、民法上の損害賠償責任は問われる可能性がありますので、損害賠償責任を果たすための保険には加入しておきましょう。

さて、PL保険は業種別に様々な保険が存在するというわけではありませんが、業種ごとにことなる保険料率が定められています。

PL事故が発生しやすい業界や、PL事故が起こった場合の損害額が多額にのぼる業界などは、高めに設定される傾向があります。

損害額が低め、事故率が低めの業界には低めの保険料率が設定されていますので、毎月の保険料は安くなります。

また、PL保険は単独で契約する方法だけではなく、他の保険に特約をつけて補償を得る方法もありますし、様々な保険をセットにしたプランを販売している保険会社もありますので、そのような商品を利用する方法もあります。

このような商品を利用すると、全ての保険を個別に契約する場合に比べて、トータルでの保険料が安く抑えられ、補償内容が重複したり、抜けや漏れが出てしまうことも少なくなるでしょう。

いずれにしても、保険を選ぶ前に「貴社にとって必要な補償とは何か?」が明らかになっていないと、保険商品を選ぶことができませんので注意しましょう。

ホーム | PL保険のメリット »

このページの先頭へ