イメージ画像

信頼できる担当者・保険代理店

信頼できる担当者・保険代理店というのは「PL事故が起こった際に、きちんと対応してくれる担当者、保険代理店」のことを言います。

一番怖いトラブルは「保険に加入する際に『これで大丈夫』と言われていたのに、実際に事故が起こると補償が受けられない」というケースです。

保険契約を結ぶ時点で「PL保険だけではカバーしきれない部分がある」とはっきり言ってもらえていたら、特約をつける・他の保険に加入するといった対策を行う、あるいは預貯金などでカバーできるようにしておく、という方法を取ることもできます。

しかし、担当者や保険代理店が「この保険に加入しさえすれば、なんでもカバーできますよ!」と言っていたために、なんの対策も取らずにおいて、事故時に十分な補償を受けられないというのでは意味がありません。

●PL保険だけではカバーしきれない部分

●特約をつける、他の保険に加入するといった方法でカバーできること

●預貯金を活用する方法 など、様々なことを提案してくれるでしょう。

また、「PL保険だけではできないことがある」という事実は、悪いことではないのです。

あまりに補償の範囲が広い保険を作ろうとすると、保険料がどうしても割高になってしまうからです。

できることと、できないことが分かっていれば、対処できるのです。

その点をきちんと説明してくれる担当者・代理店ならば信頼して良いでしょうし、PL保険の契約を結んでからも、長くお付き合いしていくことができるでしょう

« セットプランのメリット・デメリット | ホーム | 必要な補償を得るために »

このページの先頭へ