イメージ画像

リコールに関する補償

PL保険は、実際にPL事故が起こってしまった場合、法律上の責任を負うことで生じる損失を補償してくれる保険です。

PL事故が起こった場合、「製品の回収」が行われることもあります。

まだPL事故が起こっていない場合でも「事故が起こる可能性があるので、回収する」というケースもあるでしょう。

リコールが行われるのは「まだ事故が起こっていない」製品に対してのことですので、PL保険の主契約だけでは補償を受けることができません。

リコール費用の補償を受けるためには、主契約だけではなく「リコール費用担保特約」をつけるという方法や、リコール保険に加入する方法があります(特約や保険の名称は、保険会社ごとに少しずつ異なります)。

リコールは「できるだけ早く」「できる限り誠実に」行うことが、消費者の信用を回復するために一番大切なことです。

製品に欠陥・不具合があることが判明後も、何の対策もせずに製造・販売を続けたことがわかると、消費者の印象は非常に悪くなります。

特に、インターネット時代の到来とともに「口コミ」で、様々な情報が伝わるようになっていますし、「リコールが遅れた」といった情報がいつまでも残ってしまうことになります。

保険によって補償を得ていることで「リコールをする」という決断が早くにできることになります。

なお、工事業などのリコールが起こりえない業界では、リコール費用担保特約やリコール保険の保険料を支払っても、補償を受ける機会がないということになりますので、注意しましょう。

« 任意労災・上乗せ労災 | ホーム | 企業経営に必要な補償 »

このページの先頭へ