イメージ画像

企業経営に必要な補償

いったんPL事故が起こった場合、その損失額(損害賠償金、争訟費用、被害者への応急処置費用など)がばく大な金額になること、業種によってはリコール費用なども掛かることから、PL保険への加入の必要性が高まっています。

「保険料の支払いが負担になるから」とPL保険への加入を迷っているという経営者の方は、「もし、保険に加入していない今、PL事故が起こったらどうするのか? 損害賠償金などをどこから捻出するのか」を考えてみましょう。

保険料の支払いすら負担になる状況では、PL事故が起こって損害賠償金などをいったん支払うと、企業の存続が不可能になってしまうというケースもあるものです。

PL保険は「製造物責任法上の賠償責任」が生じた場合に、その損失をカバーしてくれるものです。

ただ、PL事故ではなくても、民法上の損害賠償責任を負う可能性があるという事故もありますので、このような場合に備えて様々な賠償責任保険に加入しておくと良いでしょう。

裁判所を通しての損害賠償請求が一度行われると、企業イメージのダウンにつながることも多いですので、問題がこじれないようにしましょう。

また、労働災害・通勤災害は政府労災の適用を受けることはできるのですが、政府労災は必要最低限の補償しかしてくれません。

民間の保険会社が提供する労災保険に加入して、従業員の福利厚生を充実させることが大切になるでしょう。

PL保険だけではなく、様々なリスクをカバーできるように、複数の保険、特約を活用していくことが大切なのです。

« リコールに関する補償 | ホーム | 休業補償保険 »

このページの先頭へ