イメージ画像

休業補償保険

PL保険と同じように、最近注目を集めているのが休業補償保険です。

休業補償保険は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、漏水、騒擾・集団行動、盗難、隣接物件の事故など偶発的な出来事によって、保険の対象となっているものに損害が生じ、休業の必要が生じた場合の利益の損失、営業継続のための費用などを、補償してくれる商品です。

これらの偶発的な事故によって、店舗や事務所などを休業せざるを得ない場合でも、人件費や地代家賃、広告宣伝費などの支出は続いてしまうことがあります。

火災や落雷などによって起こる支出そのものは火災保険でカバーできるかもしれませんが、営業をストップすることによって途絶える収入については、火災保険だけではカバーできません。

そこで休業補償保険が注目されているのです。

「休業補償」を単独で提供する保険もありますが、他の保険に特約を付けるという形で同じ補償を用意している会社もあります。

ただ、「休業補償」が本当に必要かどうかは、事前にしっかりとチェックする方が良いでしょう。

最近増えているSOHOの方などで「事故が起こった場合でも、数日の休業は必要かもしれないが、場所を変えてすぐに仕事を再開できる」というようなケースでは、保険料をわざわざ支出して休業補償保険に加入しておくよりも、預貯金等で賄うことを考えたほうがいい場合もあります。

そのため、「本当に必要な保険かどうか」をきちんと検討した上で、加入を決めるのが良いでしょう。

« 企業経営に必要な補償 | ホーム | PL保険と業種 »

このページの先頭へ