イメージ画像

現在の保険内容をチェックする

PL保険に加入することも大事ですが、貴社にとって必要な補償は、PL事故に対する補償だけではありません。

もし、既に加入している企業向け保険があるなら、保険内容をチェックしましょう。

PL保険を個別に契約するよりも、既存の保険契約にPL補償を得るための特約を付けるほうが、保険料を抑えられるかもしれません。

また、既にそのような特約を付けているというケースも考えられるので、まずは「現在の契約内容を確認する」ということが必要です。

企業向け保険は、PL保険だけではなく、労災保険、休業補償保険、火災保険、賠償責任保険......、と様々なものがあり、これらの保険をセットにして販売している保険会社もあります。

新たにPL保険を契約すると、事故の際の連絡先が複数になったり、保険の更新時期がばらばらになったりして、保険に関する事務手続きが煩雑になる可能性もありますので、セットプランに加入し直すことを考えても良いかもしれません。

いずれにせよ「貴社にとって必要な補償は何か?」「もっとも重要な補償は何か?」などのことが把握できなければ、今後の保健契約をどのような内容にすればよいかがわかりませんので、事前にこのような点を把握するようにしましょう。

保険会社の担当者や保険代理店に相談をする際も、現在の保険契約の内容をしっかりと伝え、見直す必要があるかどうかを検討してもらうようにしましょう。

そして、PL保険だけではなく様々な保険に「免責期間」というものがあり、「契約を結んでも、免責期間の間は補償が受けられない」ということになっています。

無保険の期間が出ないように、見直しと手続きを進めることが大切です。

PAK58_kiokuyorikiroku500.jpg

« 保険代理店の役割 | ホーム | 国内PL保険と海外PL保険 »

このページの先頭へ