イメージ画像

施設所有管理者賠償責任保険

PL保険は、貴社が製造・販売した製造物等が原因で、第三者の身体に傷害を負わせたり、死亡させてしまったり、あるいは他人の財物に損害を与えてしまったりした場合に、保険金を受け取ることができるものです。

ただ、事故というのは、貴社が製造販売した製造物等だけが原因で起こるのではなく、貴社の所有する事務所、店舗などが原因で起こることもあります。

施設管理者賠償責任保険は、企業経営に必要な事務所や店舗などの「施設」を所有・使用・管理などをしている企業・個人事業主などが、施設そのものの構造上の欠陥、管理の不備による事故、あるいは施設の内外で仕事を行ったことにより生じた事故が原因で、法律上の損害賠償責任を負うことによって、損害が生じた場合に保険金を受け取ることができる保険です。

例として、企業が保有している資材などが崩れ、通行人・買い物客などに怪我を負わせてしまった場合などが考えられます。

PL事故と同じで、このような事故にも「企業側が迅速、誠実に対応しなかった」という印象を持たれると、企業イメージのダウンにつながります。

ただ「何が何でも被害者の言うことを聞く」というだけではなく、「被害者と貴社との過失がそれぞれどのくらいなのか」を、裁判で争うということも必要かもしれません。

施設管理者賠償責任保険に加入しておけば、事故への対応を保険会社に任せることができ、経営者は本業に専念することも可能になりますので、ぜひとも早めに加入しておきましょう。

« 使用者賠償責任保険 | ホーム | 自動車保険 »

このページの先頭へ