イメージ画像

PL保険の早期加入を

PL保険に加入するには、保険の加入手続き、担当者との面談などをしなければならないため「面倒だ」と感じられるかもしれません。

また、保険料を支払わなければなりません。

そのため「資金繰りがまだうまくいっていない時期に保険料が負担になる」ということも、あるかもしれません。

しかしPL保険の保険料を負担だと感じる状況では、おそらく社内に十分な利益を留保できているとはいえず、PL事故が起こって甚大な損害賠償金を請求されることで、企業としての存続そのものが危うくなるかもしれません。

そして保険というものの特徴は、「契約を締結し、保険金の支払い、免責期間の経過などの条件が揃えば、すぐに補償を受けることができる」というものです。

いっぽうで、1000万円、1億円といった金額を預貯金で確保しようとするためには、それなりの時間と労力がかかってしまいます。

そのため、資金繰りが厳しい時期ほど、保険を活用して補償を得ておく必要があるのです。

PL事故は、企業や個人事業主が事業を行い、製品・商品を販売している間はいつでも起こる可能性がありますが、その間、無保険の期間が生まれてしまうと、PL保険による補償を受けることができません。

PL保険を新たに締結する場合(新規事業を始めた場合など)、またはほかのPL保険商品に乗り換える場合などには、免責期間などのことも考慮して、できるだけ補償が受けられない期間を短くしましょう。

最近は、趣味の延長、副業などの形で、気軽にネットショップの運営を始めたり、起業を考えると言う人も多いです。

親戚や近所の人から口コミで依頼を受けるというだけではなく、ネットショップを立ち上げるということは「事業として製造、販売を行う意思がある」と思われる可能性もあるので、PL法上の賠償責任を負う可能性はあります。

「事業を初めたばかりで、保険料がどうしても負担になる」という人は、業界団体や商工会議所などが運営するPL保険もあります。

こちらは加入希望の多さ(スケールメリット)を活かして、安価な保険料で補償を得られるという仕組みになっていますし、近所の商工会議所にて手続きをすることになりますので、商工会議所との関係が生まれるきっかけともなるかもしれません。

昨今は「賠償責任」に関わる保険の必要性が非常に高まっています。

事業をスタートするならできるだけ早めの段階で、損害保険に加入して補償を得ること、損害保険会社という事故対応のパートナーを得ておくことが重要でしょう。

« PL保険の見直し | ホーム | 事故対応マニュアルを準備 »

このページの先頭へ