イメージ画像

事業を継続するために

PL保険だけに限らず、様々な保険に加入する事業主の方は、「事業を継続するため」に、保険に加入していることでしょう。

事業を行い黒字化していかなければならないことや、人材を育てていかなければならないことも「事業の継続」という観点から考えると、分かりやすくなるのです。

経営者の方は、年齢を重ねていくにつれ、後継者を選ぶことを考えるようになるかもしれません。

後継者に事業を引き継ぐには、様々な部門の仕事を経験させ(場合によっては社外での修行も受けさせ)、取引先や銀行等の担当者にも後継者として紹介するなど様々な手順を踏むのに、数年から10年といった年月をかけることになります。

もちろん、加入している保険の内容もきちんと引き継ぐこと、業種によっては営業許可などを得るこも必要になるでしょう。

たとえば、PL事故はいったん起こると、事業者側に莫大な金額の賠償金を支払う必要が出てくることもあるため、PL保険は非常に注目を集めています。

このような保険の重要さについても、後継者にきちんと理解してもらう必要があるので、保険会社・代理店の担当者との顔合わせや打ち合わせは、できるだけ早い段階から行っておくようにしましょう。

事業の承継については、後継者が40代の時点で新しい経営者となる場合と、50代後半になってから新しく経営者となる場合を比べて、どちらがいいとは一概に言えませんが、3代目、4代目の経営者に引き継ぐタイミングのことも考えておきましょう。

現在の経営者がまだ体力・気力に余裕がある間に、後継者の育成が終わっているほうが、銀行や取引先などの信頼を得やすいというメリットもあります。

後継者にとっても、会社員という立場であったときと、経営者という立場になる場合には、個人的に加入している保険の内容を、見直さなければならないかもしれません。

あまり年齢が高くなってから、医療保険や生命保険などに新しく加入することは、非常に大変になってしまいます。

また、事業を株式会社として行っている場合には、株式を保有しているのが誰か、株式を誰に承継していくのかということを、早めに考え対処しておかなければなりません。

そして、事業を承継しないお子さんに対して、どのように資産を分配するのか、相続の時点で揉めないようにするにはどうするかなど、経営者が一人引退するだけでも、膨大な対策が必要となります。

以上のように、事業の継続と承継といった観点から、保険というものについて考えていくことも必要ですね。

« 生産物品質保険にも加入を | ホーム

このページの先頭へ