イメージ画像

工場の火災に備える保険

工場内では、製品の製造ミスが起こらないよう、また機械類のトラブルや従業員同士のトラブルが起こらないよう、経営者の皆さんは様々な注意を払っていることでしょう。

工場内でおさまるトラブルだけではなく、たとえば火災のように周辺の人にも影響を与えてしまうトラブルも、工場や倉庫では起こり得ます。

2017年2月に報道された事務用品の通信販売最大手企業「アスクル」の物流拠点で起こった火災は、鎮火までに数日間を要する大きな災害となり、周辺の人が受けた影響も大きくなりました。

火災が起こるきっかけとしては、機械類の故障や誤操作、静電気による火花などが引火性の強いものに作用して、炎が上がるといったことが多い様子です。

ただでさえ、火災が起こるリスクが高い状態である上に、いったん炎が上がると、一気に炎が大きくなる可能性も、はらんでいます。

たとえば「フラッシュオーバー現象」とよばれるのは、火災によって建物内の温度が上がることで、引火点の低い物質(引火性の強い物質)が一気に燃え上がってしまい、炎が広がるという現象です。

工場や倉庫にはエタノールなどの、引火性の液体などもたくさん保管されていることが多いため、フラッシュオーバー現象は侮ることができません。

また、密閉性の高い倉庫や工場で火災が起こり、そのことに驚いた人が思わず入口を開けるといった行動に出ると、大量の酸素が供給されるため、炎が大きくなってしまうバックドラフト現象が起こる可能性もあります。

さらに消火活動についても様々な制約があり、たとえば漏電火災が起きたときに、安易に水をつかって消火しようとすると、感電する可能性もあります。

このように、工場や倉庫で火災が起こると、その規模が拡大しやすく、安易に消火活動を始めるのではなく慎重な消火が必要とされると共に、近隣の人に与える不安なども大きいため、企業の経済的な負担もかさんでしまうのです。

このような事情を踏まえ、工場や倉庫については必ず火災保険への加入をしておかなければならない、と言えます。

周囲の人に、延焼や消火活動の際に被害を与えているなら、損害賠償などを行う必要もあるでしょうし、信頼回復にも費用と時間がかかります。

倉庫や工場を立て直すことができるまで、人件費や税金などがかかりますが、休業損害補償や利益保険などを利用して、そのコストに備える必要もあるでしょう。

火災により、従業員がケガをしたといった場合には、任意労災保険や上乗せ労災保険の適用を受けなければならないかもしれません。

様々なリスクを検討して、必要な補償を得られるようにしておいてください。

« パワハラ問題は他人事ではない | ホーム | 入社前研修を実施するなら »

このページの先頭へ