イメージ画像

入社前研修を実施するなら

貴社で働いてもらう人材を迎え入れるにあたり、入社前の研修を実施して、スムーズに業務を行えるよう配慮しているでしょうか?

入社前に研修を行う場合には、注意しなければならないことがあります。

まず「新人にとっては未知の領域なので、貴社や工場で働いた経験がある人には、思いもよらない行動を新人が取ってしまうことがある」という点です。

中堅やベテランの社員にとっては当たり前と思えることまで、きちんと説明しなければ、思わぬケガや事故につながります。

そして、入社前研修中のケガについては、労働災害であると認定されないケースがあり、採用予定者の医療費負担が重くなること、後のトラブルにつながることもあります。

まず、研修中のケガが労働災害であると認められるためには、研修の期間が「労働時間」であり、採用予定の皆さんが「労働者である」と認められることがポイントになります。

当該研修が、
・会社の指揮命令で行う研修かどうか
・採用予定者の参加が義務づけられているかどうか
・雇用者側が指定した場所と時間において行われる研修であり、その場所に一定の時間拘束されるような研修内容かどうか
という点が、「労働時間」であると認められるポイントです。

また、研修の参加者が「労働者である」と認定されるためのポイントとして、
・労務の提供がされている
・労務の提供の対価としての報酬が支払われている
ことが重要です。

1日中研修を行った場合でも、交通費程度の金額しか支給していない場合には、研修参加者は「労働者である」とは認められません。

・研修に参加した場合には、最低賃金以上の賃金を受け取ることができるかどうか
・研修内容が本来の業務と関係性が高いかどうか
・研修中は使用者の指揮命令下に置かれているかどうか
が、判断の分かれ目となります。

さらに、製造業の入社前研修では、一般的なビジネスマナーなどを教えるケースもあり、いっぽうで工場の機械類や、貴社製品について深くかかわる知識を伝えることもあるでしょう。

研修の内容ごとに「本来の業務との関係性」が判断されることになります。

労災認定を受けられなかった場合、そのままでは採用予定者の負担感が重くなってしまいます。

労災認定を待たずに保険金を受け取ることができる傷害保険などもありますので、活用していくとよいでしょう。

企業として、きちんと補償を行うことで、採用予定者の雇用者に対する印象は変わり、入社後の士気にも関わってきますので、重要なポイントと言えるでしょう。

« 工場の火災に備える保険 | ホーム | 食中毒が発生した場合への備えを »

このページの先頭へ